建築家のおかげで充実した生活を過ごせています!

******
 Mさん
家族構成:夫婦+お子様2人


敷地面積165.00m2(49.9坪)
延床面積107.64m2(32.6坪)


建築家のアイデア

建設地は、高度地区制限のある地域で、北側斜線が厳しい場所でした。
その場合、片流れ・三角の屋根を作るのが普通なのですが四角い家がいいという要望があったんです。
そのような制限と要望がある中で考えたとき、斜線制限にかからないように北側を開いて、2階の道路側にルーフバルコニーを設置し、アウトリビングとして手すりを立ち上げて、外観を四角く魅せる方法を思いつきました。ちょうど北側に旗竿地の通路があり、北側を開いたほうが抜けもでき、隣宅との間にも空間ができるので気持ちがいいかなと思ったんです。
アウトリビングと続くように2階をリビングにすれば、景観も望めます。

建築家住宅の完成!

目を引く、潔い白いスクエアの外観。
白と木目を基調とした中に黒やシルバーが光る、ぬくもりがありつつもシャープな家が完成しました。
1階は子供部屋や夫婦の寝室、水回りなどのプライベートな空間。
キャンプ用品も収納できるシューズインクローゼットやウォークインクローゼットもあるので収納力は抜群。
部屋をスッキリと整えることができます。2階はキッチンとリビングスペースをまとめた人が集う空間。
窓からの光が壁を伝って家中にまわる明るい室内は、奥様の趣味である植物たちも気持ちよさそう。
シンプルで使いやすい空間になりました。

建築家住宅に住んでみて

「初回ヒアリングの前に建築家が建設予定地や隣地の状況などを現地で確認していたこと、そして、実際の打ち合わせでは家族構成や希望の間取りだけではなく、1日や週末の過ごし方、植物の量、老後や教育資金を鑑みたコストなど、ライフスタイル全体を細かくヒアリングしてもらったことにとても感激しました!」というMさん。実際に住んでみても不満はないという。
「不満を考えてみたんですけど本当になくて、すごく住みやすいんです。
平野先生も完璧に近いものを仕上げてくださいましたし、私たちの希望も叶えてくださったと思っています。
外観からは窓があまりない家に見えるかもしれませんが、実際に住んでみると窓の力を感じます。
光がたくさん入り込んでとても明るいのですが、暑くないのもいいですね。
ホームパーティーのときは、キッチンで料理をしてアウトリビングに運ぶのも簡単ですし、子どもがアウトリビングやリビングで遊んでいるのを見つつ、大人はキッチンカウンターに座りながら会話をすることもできます。」

時間によって、集う人によって表情を変え、それぞれが気持ちのいい時間を過ごすことができる家。
ライフスタイルに合った住まいであれば、日々がより彩りそうです。

  • ******
  • ******
  • ******
  • ******


お客さまの声一覧に戻る

家づくりで失敗しないための賢い家づくり勉強会無料

賢い家づくり勉強会
家づくりのウラ側をお話しします!
  • ハウスメーカーの住宅はなぜ高い?
  • 家の性能は下げず、価格だけを下げる方法
  • 今より3割引で住宅を取得する方法
  • お得な土地の見つけ方とは?
  • 最適なマイホーム購入の時期とは?

賢い家づくり勉強会を予約する

ATTENTION

Menu